医療保険 必要性

医療保険はなぜ必要かわかりやすく解説

医療保険はなぜ必要なのでしょうか?

 

まず健康保険ですが、これが無いとどんな病院に行ったとしても満額治療費を負担しなければいけません。

 

例えば目が悪い人は眼科に行くでしょうし、じんましんなどがある人は皮膚科に行くでしょう。

 

このような病院は定期的にいっている人がほとんどだと思います。

 

例えば2週間に1回病院に行ったとして健康保険に入っている人の治療費が一回1000円だったとすると、保険に入っていない人は治療費として約3300円も取られてしまうのです。

 

治療費が少ない時はそれほど必要性を感じないかもしれませんが、もし1回の治療が100万円だとしたら大変なことになるのは目に見えてわかっていただけると思います。

 

したがって健康保険への加入は必要不可欠です。

 

では民間医療保険はどうなのでしょうか?

 

例えば保険が適用される病気で10日入院したとします。

 

1日3万円とすると10日で30万円です。

 

これに健康保険が適用されても自己負担分は9万円です。

 

もし民間の医療保険に加入しており入院保障が日額1万円のプランに加入していれば、この例では10万円保障してもらえることになります。

 

つまり自己負担分は0円です。

 

これだけでも医療保険の必要性が十分伝わると思います。

 

もしこれに加えて手術などがあれば更に倍以上の費用がかかると思われます。

 

そうなると保険に入っていなければ大変な苦労をすることになるのは間違いないでしょう。

 

以上のことから医療保険がどれだけ必要かが伝わったかと思います。

 

必要性が伝わらなかった人はすいません。

 

その様な人は保険に加入しないまま病気になった時に気づくと思います。

スポンサードリンク