医療保険 入院日数

医療保険の入院日数は60日で足りるのか?

医療保険の入院日数は60日で足りるのかと疑問に思っている人も多いと思います。

 

最近の医療保険(特に終身医療保険)では入院に対する支払限度日数が60日の物が多くなってきています。

 

なので60日で本当に大丈夫なのか不安に思っている人が多いようです。

 

最近では入院患者の8割程度が1ヶ月前後で退院しているようです。

 

60日以上入院しなければいけない病気は「脳の病気」「結核」「精神疾患」ぐらいのようです。

 

がんの治療でも最近では1ヶ月前後で退院できるようです。

 

これらの背景にはやはり医療技術の進歩が目覚ましいということでしょう。

 

しかし入院日数も年齢によって大きく異なってきます。

 

20代、30代では30日程度で済む入院でも60歳以上の方では50日程度かかることもよくあるようです。

 

そのため入院日数は年齢によって調整することが望ましいと思われます。

 

若いうちは60日で、歳を取ったら120日や180日にするとよいと思います。

 

しかし終身医療保険に入っている人は途中で変えることができない人もいると思います。

 

そんな人はあらかじめ120日以上のものに加入しておくか、特定の疾病に対して入院日数が伸びる特約を付けることをおすすめします。

 

最近では特定の疾病に対する保障も細分化されてきているので保険プランをよく見て保障を選ぶようにしてください。

スポンサードリンク