医療保険

医療保険とは?

医療保険とは病院で治療を受ける際に治療費を自分の代わりに負担してもらうために必要な保険となります。

 

医療保険には公的医療保険と民間医療保険の2つの種類があります。

 

公的医療保険は一般的には健康保険と呼ばれており、自営業、サラリーマン、公務員でそれぞれ加入する保険が異なっています。

 

現在ではどの保険でも治療費の負担は3割になっています。

 

次に民間医療保険ですが、これは一般的に医療保険という総称で呼ばれています。

 

医療保険は生命保険の中の一種で、主に病気やけがで入院や手術をした際に治療費を負担してくれます。

 

保険により保障してくれる金額や内容が違うのが特徴です。

 

少し前までは医療保険と言えば代理店で加入するのが一般的でしたが、最近ではネットでも加入することができるため通信販売型の医療保険に加入する人が増えてきています。

 

通信販売型で加入する1番のメリットはなんといっても保険料の安さでしょう。

 

代理店とほぼ同様の内容で同じ保障が受けられるので人気を集めています。

 

医療保険に加入するのはあくまでも任意ですが、病院に行かない人はまずいないので加入するのが当たり前となっています。

 

自分は病院に行かないという人でも将来必ずお世話になるので絶対に加入しておきましょう。

スポンサードリンク