終身医療保険 デメリット

終身医療保険に加入するデメリットをわかりやすく解説

終身医療保険に加入するデメリットは何なのでしょうか?

 

デメリットの1つに加入時の保険料が高いということが挙げられます。

 

定期型に比べて保険料が高くなるので、若いうちの負担が大きくなってしまいます。

 

保険料の支払いを終身払いにすると老後も保険料を支払い続けなければいけないというのもデメリットの1つです。

 

老後の収入は年金ぐらいしかないので、この時に保険料を負担するのは少し大変だと思います。

 

1度の入院で受け取れる保険料が少ないのもデメリットの1つです。

 

最近の医療保険は、1回の入院給付限度日数が60日(通算1000日)に設定されているものが多く、入院日額5000円の医療保険に加入している人の場合、手術をすれば手術給付金も支払われますが、計算してみると最大でも30万円(5000円×60日)となりますので、更新型と比べると割安になっていると思われます。

 

終身医療保険にはこれらのデメリットがあるのも事実なので、更新型にするか終身型にするかはよく考えてから加入するようにしてください。

スポンサードリンク